その1 ハウスが必要なワケ

屋外飼育のワンちゃんって普通はお庭のどこかにハウスがありますよね?

でも、お家の中でワンちゃんを飼っている飼い主さんの中には「室内飼育にハウスなんて必要ないよ(^o^)」と考えている方もいらっしゃるようです。

でもちょっと待ってください!

それは大きな間違いです。

お部屋の中で飼い主さんと一緒に過ごすワンちゃんでもハウスが必要なのです。

私たち人間の感覚だと犬のハウスは『犬を閉じ込めておくオリ』と考えてしまいがちですよね…。

しかしながら、犬は本来小さな穴を掘って巣を造り、その中で休む習性を持つ穴倉動物なので、ペットとしてお家の中で飼われているワンちゃんにもその“巣”に代わるモノが必要なのです

そうです、その巣に代わるモノがまさに“ハウス”なのです。

ハウスがあればワンちゃんは自分のテリトリーでリラックスして眠ることが出来るのはもちろんのこと、囲われたスペースに入っていることで自分が守られているという安堵感を得ることが出来るため自然と落ち着いた性格になっていくのです。

以前、放し飼いされている犬の気持ちを見事に表現したCMがテレビで放映されていました。

こちらがその映像です。

もうお解りだと思いますが、ここに登場するメガネのおじさんは“犬”です。

お庭で放し飼いにされている犬のジョンくん(メガネのおじさん)は見知らぬ外敵(通行人や郵便屋さん)の気配を感じる度に「ワン!ワン!(誰?誰?)」と不安におののいて朝から晩まで吠えて(叫んで)います。

このCMを初めて見た時に「何て見事な描写だ!」と感服したのですが、まさにこの状況がハウスがない状況で放し飼いにされているワンちゃんの気持ちなのです。

室内飼育・屋外飼育を問わず犬を放し飼いにすると落ち着きのない性格に育ってしまうと言われている理由もこの映像から納得出来てしまいますよね。


そして、ペットにハウスを与えることで得られる大きなメリットが実はもうひとつあるのです。

それはより多くの時間をハウスで過ごさせることによって愛犬のしつけがより上手くいくようになるという飼い主さんにとっては非常に嬉しいメリット。

特にこれから子犬を迎える予定のみなさんは、ハウスを用意するか否かが今後のしつけを左右する重要なポイントになることを忘れてはいけません。

なぜなら、ハウスがない犬は必然的に飼い主さんと同じ行動範囲で生活することになるため、結果的に「自分は飼い主さんと対等なポジション」と勘違いさせる恐れがあるからです。

その“同じ行動範囲での生活”を積み重ねることにより、場合によっては「自分は飼い主さんよりも上位」と勘違いさせてしまうケースだってあるのです。

よく「ウチの愛犬はわがままで困っています…」といったお悩みを抱えたしつけにお困りの飼い主さんがいらっしゃいますが、その多くは子犬を迎えた頃にきちんとハウスの中で過ごさせなかったことによる結果なのです。

もちろん最低限のしつけが出来た成犬であれば室内での放し飼いでも構いませんが、それでもいざという時に身を隠したり、安心して休むことが出来る場所(ハウス)は必要です。

そしてそのハウスこそが犬の習性を上手く活かし、なおかつ犬に負担を与えずに今後しつけをしていく上での基礎作りまで出来てしまうスーパーアイテムでもあるのです。

 

これから子犬を飼育する予定の方も、既に愛犬と暮らしている飼い主さんも飼育環境や犬種に見合ったハウスを用意してあげてください。

そうすることで飼い主さんと愛犬の双方にとってハッピーな結果をもたらします。

特に愛犬にハウスを与えていない飼い主さんで、しつけにお困りの方は今すぐハウスを用意してください。

迷っている場合ではありませんよ。

今ならきっと間に合いますので、今すぐ行動に移しましょう!

それでは、犬のハウスにはどのようなタイプのモノがあるのでしょうか?

次のページでは犬のハウスの種類についてお話ししていきましょう。

>>> 【その2】 ハウスの種類

安全で使い勝手の良いおすすめのケージって…? その答えが解ります